読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むとぅの読書ブログ

読書ブログです!

住野よる『よるのばけもの』

よるのばけもの

 

というタイトルからわかるように

 

主人公は、夜に化け物に変身してしまうのです。

 

化け物ってどんなものなのかというと、

足が6本、目玉が8つなんですよ。。

 

この時点で不気味すぎますよね(笑)

 

それでいて、なにで体ができているかというと、

黒い粒なのです。

 

 

大きさは、犬くらいの大きさから、山くらいの大きさまで

大きくなることもできるのです。

 

 

それで、この化け物がなにをするかというと

 

夜中に、

普段通っている学校に入り込むのです。

 

 

 

 

ところが、

 

夜中の学校に入り込んだところ

 

 

同じクラスの女の子が

 

なぜかそこにいたのです。

 

 

普通なら、夜中の学校で、

 

こんな化け物にあったら驚きますよね?

 

 

しかし

 

その女の子は笑っているのです。

 

 

この笑いの意味こそが、

 

本の内容で非常に気になる点なのですが、

 

そこは読んでからのお楽しみということで(笑)