読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むとぅの読書ブログ

読書ブログです!

藤原和博『10年後、君に仕事はあるのか?ーー未来を生きるための「雇われる力」』

なんともストレートな問いかけ!

 

 

って感じですよね(笑)

 

現代に生きる私たちの中には、この問いかけに対して、

Yes!と答える人もいれば、そう言い切れない人も多いかと思います。

 

 

どちらにしても、

将来が保証されていないと考える人が多い現在では、

この本の価値は非常に高いと思われます。

 

 

さて、

本の内容ですが、

10年後、その先の未来を生きるために必要な力とは

どんな力だとおもいますか???

 

 

その答えが本の中に書かれています。

 

 

 

その中でも、私が興味を持ったもの、

また、藤原さんの本によく出てくるものも紹介させていただきます。

 

 

一つ目は

「情報編集力」です。

 

情報処理能力という言葉を

耳にしたことがある方は多くいらっしゃると思いますが、

未来を生きるために必要な力の一つは、

「情報編集力」です。

その内容としては、5つあります。

1、「コミュニケーション・リテラシー

2、「ロジカルシンキングリテラシー

3、「シミュレーション・リテラシー

4、「ロールプレイ・リテラシー

5、「プレゼンテーション・リテラシー

 

上記5つの要素は、「情報編集力」の必要条件ですので、

把握し、高めていくことが重要です!

 

詳細は、本を読むと理解しやすいです。

 

 

そのほかに、私が好きな藤原さんの言葉として、

「自分をレアカード化する」

というものがあります。

これについては、

また別の藤原さんの本をご紹介するときに、

説明させて頂ければと思います。

 

 

また、

コミュニケーションを磨く一つの方法として、

「ナナメの関係を築く」

ということも書かれています。

 

世代の違う人と意思疎通を図るには、

情報を編集して話さないといけないため、

トレーニングになるということです。

そして、いろいろなコミュニティに参加し、

予期せぬ出会いにより、人間関係が広まったり、

ときには、居場所になったりと、人生にプラス影響があるのです。

 

私は、これを知り、今年は、

勉強のためにも、多くのセミナーに参加しようと思っています!

 

 

上記以外にも、

未来を生きるために必要な力、

その鍛え方について、たくさん書かれております。

 

 

皆様が未来を生き抜く素晴らしい人材になるために、

参考になる本だと思います!