読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むとぅの読書ブログ

読書ブログです!

水野敬也、山本周嗣、小林昌平『ウケる技術』

面白さは才能だとおもっていませんか??

 

そんなことないのです。

 

面白さ、ウケるための技術があるのです。

 

面白い人になりたくないですか?

 

 

わたしはなりたいです(笑)

 

 

こちらの本は、大学時代の友達に薦められて

読んだものです。

 

最近、薦められたものを読む機会が多いです!

 

みなさんのおすすめもおしえてください!

 

 

さてさて、本についてです。

 

「コミュニケーションはサービスである」

 

この本で学んだことです。

 

 

本の中でも、その言葉が出てきているわけですが、

 

内容としては、

面白い人とそうでない人の違いは何か、

例を出して解説してくれています。

 

 

面白さ、つまりウケる技術があるということです。

 

 

面白さは生まれ持ったものではないということです。

 

 

おもしろさにはパターンがあるのです。(なぜか上から目線(笑))

 

大きく分けて4つ。

 

・空気・共感モノ

 

・キャラモノ

 

・前後モノ

 

・クリエイティブモノ

 

 

この4つの中身を知りたくないですか??(強引)

 

 

ちなみに、さらに分けると

40もの技術に分かれています。

 

 

私のように、面白いといえない人間は、

 

努力で面白くなるしかないのです。(笑)

 

 

40もの技術をすべて身に付ける必要はないと思います。

 

 

 

人間それぞれの個性にあった、

 

ウケる技術が網羅されている本でございます。

 

 

面白くなりたい人必見の本です!

 

ぜひ!!!