読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むとぅの読書ブログ

読書ブログです!

原田まりる『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた』

哲学を難しく考えていませんか?

 

こちらの本を読むと、

いかに哲学が実生活に生きるかを実感します。

 

 

私は、もともと倫理が好きだったので、

心理的抵抗は全くなく、

こちらの本をよむことができました。

 

 

倫理や哲学に壁を感じる方に

ぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

 

哲学の知識を実生活に絡めて

非常にわかりやすく説明してくれています。

 

 

受験生の方にもおすすめの本です。

 

こちらの本で私が一番惹かれた文章をご紹介させていただきます!

 

 

「死ぬまでは自分の人生がどういうものであったかは

 断定できない未完成な状態」

だということです。

 

この言葉を目にした途端から、私の考え方は大きく変化しました。

 

 

要するに、

人生の多くの選択が合っていたか、間違っていたかは

死の瞬間まではわからないということです。

 

 

普段、ああしておけば良かったとか

こうしておけば良かったなどと思うことがあると思います。

 

しかし、

その思ったことが正解かどうかなんて

考えなくていいということです。

 

 

死ぬときにしかわからないんですから。

 

 

この言葉で私は転職を決心しました。

 

この転職が正解か不正解かなんて、

死ぬ瞬間にしかわからないのです。

 

とにかく自分が正解だと思う道に進むのが良いのです。

 

 

後悔のない瞬間を生きましょう。

 

後悔のない人生を生きましょう。

 

 

考えなくていいのです。

 

 

命が終わる瞬間にしか答えは分かりませんから。

 

 

 

 

その他にも、人生において

参考になる文章がたくさんございます。

 

 

ぜひ読んでみてください!!!!